金ETF残高の推移は?/金市場に対する注意点は?

金ETF残高の推移は?@

金ETF残高は、
2004年のニューヨーク証券取引所へ上場して以降、
現在に至るまで着実に増加してます。

 

また、NY金価格は、この金ETF残高の増加と
同じような推移で上昇しています。

金ETF残高の推移は?A

これは、これまでの金価格が
一貫して上昇トレンドの最中にあったことも事実ですが、

 

それ以上に、
これまで金ETF市場に流入した資金の多くが、
ヘッジファンドを含む機関投資家による長期的な投資資金
であったことによるところが大きかったといえそうです。

 

そして、まとまった売りものが
集中するような局面が少なかったということが、
こうした状況を作り出したのかもしれません。

 

ちなみに、機関投資家の長期投資という運用スタンスは、
リーマン・ショックの時でさえも、金ETF残高は
ほとんど減少しなかったということからもよくわかります。

 

スポンサーリンク

金市場に対する注意点は?

前述したような金市場における良好な傾向というのは、
長期にわたり続くもの考えることには注意が必要です。

 

というのは、すでに金市場は、
金融市場としての性格も兼ね備えているからです。

 

つまり、これまでのような
実需(金地金の需給関係)中心のマーケットから、

 

ヘッジファンドや機関投資家の
投資マネー中心のマーケットへと
大きく変化しつつあるということです。

 

よって、こうした点には十分注意する必要がありそうです。

 

なお、こうした金市場に起こりつつある大きな変化というのは、
これからの金市場の変動率(ボラティリティ)を
さらに高めるようになるだけでなく、

 

他方では、
マーケットにおける大きな撹乱要因にもなりますので、
このような点にも留意したいところです。

 

スポンサーリンク