ETFの種類とETN

ETFとは?@

ETF(Exchange Traded fund)というのは、
その投資収益が、株価指数や商品価格に
連動するように設計された投資信託のことをいいます。

 

ETFは、
世界各国の証券取引所に上場されていますので、
一般の株式と同じように、取引時間中であれば
リアルタイムに売買できるというメリットがあります。

ETFとは?A

また、ETFは、
株式と同じ税制が適用される金融商品であり、
仕組みがシンプルであり、
分散投資にも最適な商品といえます。

 

さらに、ETFは、
保有期間中の信託報酬(保有コスト)が、
一般的な投資信託と比較すると安く、
少額投資も可能であるというメリットもあります。

 

よって、近年、世界的にも
広く支持されるようになってきており、
機関投資家など大口投資家による
長期資金の流入の受け皿にもなっています。

 

ちなみに、こうした状況が、
投資家層の世界的な裾野の拡大にもつながっているようです。

 

スポンサーリンク

ETFの種類は?

ETFには、次のような様々なタイプのものがあり、
分散投資に最適な金融商品となっています。

 

■株価指数連動型上場投資信託(インデックスタイプ)
ETFの基準価格が、世界各国の株価指数に
連動するように設計されたものです。

 

■貴金属ETF
実物資産としての金(ゴールド)、銀(シルバー)、
プラチナといった貴金属価格に連動するETFです。

 

具体的には、
金ETFや銀ETF、プラチナETFなどです。

 

■エネルギーETF
実物資産であるNYの原油や天然ガスといった
エネルギー価格に連動する原油ETFをはじめとするETFです。

 

■穀物商品指数連動型ETF
大豆やトウモロコシといった穀物価格に
連動する穀物商品指数連動型ETFです。

 

ちなみに、これ以外にも、
日本特有のETFと考えられる
特定地域の企業の株式を対象とする
ご当地ETF※が登場するなど多様化しています。

 

※例えば、東海地方の主要企業の
株価指数に連動するタイプなどです。

ETNとは?

ETNというのは、わかりやすく言うと
現物資産の裏付けがない上場投資証券のことをいい、
ETFとは若干異なります。

 

日本での、この新しいタイプの投資信託の取り扱いは、
早ければ2012年頃から開始されるようです。

 

スポンサーリンク