貴金属商品ETFの特徴は?/リアルタイムで取引できるとは?

貴金属商品ETFにはどのような特徴があるの?

貴金属商品ETFの特徴としては、
次のようなことを掲げることができます。

 

■価格の透明性が高いこと
■リアルタイムで取引できること
■投資対象となる貴金属の価格との連動性が高いこと
■安全性が高いこと

貴金属商品ETFはリアルタイムで取引できるとは?

通常の投資信託の場合ですと、
商品ファンドは非上場ですから、
使い勝手の点において大いに問題があります。

 

しかしながら、商品ETFは上場商品なので、
リアルタイムで売買できるなど、メリットが大きいといえます。

 

具体的には、例えば、投資信託の場合、
買付・解約の申し込みは1日1回、
当日の基準価額で行われますが、

 

基準価額は終値をもとに決定されますので、
買付・解約を申し込んだ時点では価格は決定していません。

 

また、終値が確定して初めて、基準価額も決まります。

 

つまり、1日のうちに
それほど乱高下することは考えにくいですが、
価格が決まるまでは
はらはらさせられるということになります。

 

これに対して、ETFは株式と同じですから、
取引時間中であれば、いつでも売買が可能です。

 

すなわち、ETFの価格の動向を見ながら、
「安くなったから買おう」とか
「高くなったから、利益を確定しよう」
といった判断が下せるのです。

 

なお、投資信託では不可能な、
値段を指定する「指値注文」や、
「売り」から始める「信用取引」も可能です。

 

スポンサーリンク