貴金属商品ETFの仕組みは?

貴金属商品の価格との連動率は?@

貴金属商品ETFというのは、
現物の地金で運用されており、
商品先物や商品関連会社の株式などには、
いっさい投資していません。

 

なので、それぞれのETFが指標としている
貴金属商品の価格との連動率は
限りなく高いといえます。

貴金属商品の価格との連動率は?A

とはいえ、貴金属商品ETFは上場していますから、
どうしても市場価格と基準価額が乖離するリスクも存在します。

 

つまり、市場価格は、
需要と供給の関係によって決まりますので、

 

需要増・供給減から来る、一時的な価格上昇や、
需要減・供給増から来る、一時的な価格下落は
避けられないということです。

 

しかしながら、ETFには
認定参加者やマーケットメイカーという
乖離を調整する「仕組み」が備わっていますので、
乖離が長期間にわたって続くということはありません。

貴金属商品ETFの特徴は?

貴金属商品ETFの特徴には、
次のようなものがあります。

 

■価格の透明性が高い
■リアルタイムで取引できる
■投資対象となる貴金属の価格との連動性が高い
■安全性が高い

貴金属商品ETFは価格の透明性が高いとは?

貴金属商品ETFは、
貴金属の現物市場価格に
連動するように設定されていますので、
基準価額には細工のしようがないといえます。

 

また、上場していることから、
市場価格のほうの透明性も極めて高く、
勝手な値つけが行われることはありません。

 

スポンサーリンク