銀、プラチナ、パラジウムのETFとは?/現物拠出型とは?

金ETF以外の貴金属ETFとは?@

東京証券取引所には、
金ETFだけでなく、
次のような貴金属ETFも上場されています。

 

■ETFS銀上場投信(銀ETF)
■ETFS白金上場投資信託(プラチナETF)
■ETFSパラジウム上場投資信託(パラジウムETF)
■ETFS貴金属バスケット上場投資信託(貴金属バスケットETF)...など

金ETF以外の貴金属ETFとは?A

上記4銘柄の貴金属ETFは、
いずれも運用会社は、ETFSセキュリティーズであり、
2009年8月24日に同時上場されています。

 

なお、貴金属商品ETFは、
ここ4年間に全世界で、72億ドル(およそ7200億円)
の市場へと急拡大しており、

 

日本においても、株式や為替と連動しない
商品ETFの品揃えが豊富になっています。

現物拠出型とは?

上記の貴金属ETFは、
5銘柄とも現物拠出型で、
貴金属の現物を運用対象としています。

 

現物拠出型とは、
指定参加者(マーケットメイカー)が
現物バスケット(現物の組み合わせ)を拠出し、

 

そのかわりに受託会社から
受益証券を受け取るというやり方です。

 

なお、ロンドン証券取引所、ドイツ証券取引所、
NYSEユーロネクスト、イタリア証券取引所との重複上場で、
銀ETF、白金ETF、パラジウムETF、貴金属バスケットETFが
日本の証券取引所に上場するのははじめてです。

 

スポンサーリンク