ETFS金上場投信(金ETF)とは?/投資対象・保管会社・管理報酬・取引方法は?

ETFS金上場投信とはどのような商品ですか?@

英国の資産運用会社、
ETFSセキュリティーズのETFS金上場投信は、
東京証券取引所のもうひとつの金ETFです。

 

また、このETFS金上場投信は、
金(ゴールド)の現物地金を運用対象としており、
ロンドン金市場の金価格に
連動するように設定・運用されています。

ETFS金上場投信とはどのような商品ですか?A

銘柄コードは1672、
売買単位は1口※となっています。

 

※1口当たり、約0.1ファイン・トロイオンスのゴールドです。

 

スポンサーリンク

投資対象・保管会社は?

ETFS金上場投信(金ETF)は、
ロンドン地金市場協会(LBMA)の規格に基づく、
金地金(ロンドン金市場受渡適合品=グッド・デリバリー・バー)
を投資対象とし、

 

現物はカストディアン(保管会社)
であるHSBC銀行USAで保管されます。

 

また、管理会社等は次のようになっています。

 

■管理会社:
ETFSセキュリティーズ・リミテッド
■受益証券の発行体:
ETFSメタル・セキュリティーズ・リミテッド
■受託会社:
ザ・ロー・ディベンチャー・トラスト・コーポレーション・ピーエルシー

管理報酬は?

ETFS金上場投信(金ETF)の管理報酬は、
年0.39%ですが、
銘柄ごとに管理報酬は異なります。

 

この管理報酬には、
管理会社、発行体、受託会社、カストディアン(保管会社)
の手数料のほか、
上場費用、監査報酬などが含まれています。

取引方法は?

ETFS金上場投信(金ETF)は、
上場株式と同じで、
東京証券取引所の営業時間中であれば、
リアルタイムで売買できます。

 

また、取引を始めるには、
証券会社に口座を開設する必要があります。

 

ちなみに、売買単位は1口なので、
販売手数料を含めたとしても、
1万円前後で取引を始めることができます。

 

スポンサーリンク