SPDRゴールド・シェアの信託報酬は?/金ETFの販売手数料・税金は?

金ETFの信託報酬は?@

ETFというのは、
運用に手間がかかりませんので、
非上場の公募投資信託と比較すると、
総じて信託報酬は安いといえます。

 

ここでの信託報酬とは、管理会社、信託受信者、
カストディアン、マーケティング・エージェント
などの手数料が該当します。

金ETFの信託報酬は?A

また、この信託報酬は、
信託財産の純資産総額をもとに、
あらかじめ決められた料率で算出され、
信託財産から差し引かれます。

 

ちなみに、SPDRゴールド・シェアは
ゴールドの現物を保有しているだけですから、
信託報酬は0.40%程度となっています。

 

スポンサーリンク

金ETFの販売手数料は安い?

ETFを売買する際には、
販売手数料がかかりますが、
この販売手数料は、
それぞれの証券会社が独自に設定しています。

 

ちなみに、一般的な投資信託には
手数料無料(ノーロード)のファンドもありので、
ETFが安いとは一概にはいえません。

金ETFの税金は?

金ETFの税金については、
基本的に上場株式と同様です。

 

具体的には、
2011年12月31日までは特例措置として、

 

上場株式などと合算して
譲渡益の金額の合計額が年500万円までは
10%(所得税7%、住民税3%)の税率が適用されます。

 

また、特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば、
10%源泉徴収され確定申告は不要です。

 

なお、年500万円超の分については、
確定申告による分離課税となりますので、
20%の税率となります。

 

スポンサーリンク