SPDRゴールド・シェアの関係者の役割は?

ステート・ストリートの業務内容は?@

SPDRゴールド・シェアの
マーケティング・エージェントは、
ステート・ストリートであるというのは前述の通りですが、

 

この会社は、
次のような業務も担当しています。

ステート・ストリートの業務内容は?A

■SPDRゴールド・シェアのマーケティング計画の作成・実行
■金融当局との折衝
■上場後のマーケティング活動
■マーケティング資料の作成
■ブランド管理・SPDRの商標のライセンス付与業務...など

 

SPDRゴールド・シェアは、
ステート・ストリートのETFに関するノウハウ・知識と
ワールド・ゴールド・カウンシルの金(ゴールド)に関するノウハウ・知識が
結合して誕生した画期的な商品といえそうです。

SPDRゴールド・シェアのプレーヤーの役割は?

SPDRゴールド・シェアに関係するプレーヤーのうち、
信託受託者(トラスティー)は
ニューヨーク銀行で、
受益証券の発行などを担当しています。

 

また、カストディアン(保管者)は
世界屈指の金融機関、HSBCホールディングス
の子会社HSBC銀行USAが務め、

 

金(ゴールド)の現物を
保管、受託・解約分配などを行っています。

 

さらに、認定参加者は証券会社が務めていますが、
投資家の購入・売却窓口となっているほか
金市場からの金(ゴールド)の買い付けなども担当しており、
その役割は大きいといえます。

 

スポンサーリンク