SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアの概要

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア(銘柄コード1326)とは?@

東京証券取引所(東証)上場の金ETFには、
「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア(銘柄コード1326)」
と、ETFS金上場投信がありますが、

 

SPDRゴールド・シェアは、
2004年11月にワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ(管理会社)と
ステート・ストリート(マーケティング・エージェント)
により組成された、米国初の商品現物型ETFです。

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア(銘柄コード1326)とは?A

また、SPDRゴールド・シェアは、
2008年6月30日に東京証券所に上場されていますが、
NYSEアーカ取引所(ニューヨーク証券取引所グループの電子取引所)
をはじめとして、

 

メキシコ証券取引所、シンガポール証券取引所、
香港証券取引所にも重複上場されています。

 

ちなみに、SPDRとは、大手ETFプロバイダー、
ステート・ストリートのブランド名です。

 

SPDRゴールド・シェアの純資産総額は
300億ドル(1ドル=100円換算で約3兆円)
を超えており、
純資産総額で世界第2位のETFとなっています。

 

スポンサーリンク

SPDRゴールド・シェアの仕組みは?

SPDRゴールド・シェアは、
金現物商品を対象としたETFで、
信託法による信託契約の受益証券という形式をとっています。

 

なので、米国であれば、
SPDRゴールド・シェアは、金地金との交換も可能です。

 

また、SPDRゴールド・シェアの裏付けとなる金地金は、
米国の銀行の倉庫で厳重に保管されており、
もし仮にその銀行が経営破綻したとしても
地金は保護される仕組みになっています。

SPDRゴールド・シェアの管理会社は?

SPDRゴールド・シェアの管理会社(スポンサー)は、
ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズです。

 

このワールド・ゴールド・トラスト・サービシズは、
ワールド・ゴールド・カウンシルの100%子会社で、
信託受託者(トラスティー)の任命・罷免などを担当しています。

 

ちなみに、ワールド・ゴールド・カウンシルは、
世界有数の金採掘会社が共同出資する、
非営利の国際機関で、

 

ゴールドの需要拡大のために、
主要国で、さまざまなマーケティング活動を展開しています。

 

スポンサーリンク