金価格連動型ETFと金価格リンク債/SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアとの違いは?

金価格連動型ETFが指標としているものは?

金価格連動型ETFが指標としているのは
「ロンドン渡し金価格」です。

 

これは、ロンドン・ゴールド・マーケット・フィキシング・リミテッドが
午後の決め値として公表する指標※を
1グラム当たりの円価格に換算したものです。

 

※1トロイオンス=31.1035グラム当たり米ドル建て価格

SPDR(スパイダー)ゴールド・シェアと金価格連動型ETFの違い

東京証券取引所に上場されている
「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」
は、金(ゴールド)の現物を投資対象にしています。

 

これに対して、金価格連動型ETFは、
金価格に連動するように設定された
有価証券(金価格連動目的発行有価証券)、

 

いわゆる「リンク債」
投資対象にしているという点で異なります。

 

また、金地金(延べ棒)
との交換ができないという点も異なります。

 

スポンサーリンク

金価格リンク債とは?

金価格リンク債というのは、
満期時にその時の金価格で償還される
債券のことをいいます。

 

例えば、金価格リンク債1億円を買ったとして、
その後金価格が上昇して、
満期時に購入時の価格が1.1倍になっていたとしたら、
1億1000万円で償還されるということです。

 

反対に、金価格が下落して、
満期時に0.9倍になっていたとしたら、
9000万円で償還されるということです。

 

あくまでも金価格に連動して動きますので、
金価格リンク債を組み込んだETFも、
自動的に金価格に連動して動くことになります。

 

ただし、金価格リンク債にも多くの種類があり、
発行体の信用度や金価格との連動率を見ながら、
適宜リンク債を入れ換えています。

 

スポンサーリンク