金価格連動型ETFの特徴は?

金ETFとは?@

金ETFというのは、
金(ゴールド)の価格に連動するETFのことをいいます。
金ETFは、日本国内では、次のものがあります。

 

<東京証券取引所(東証)>
■「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」
■ETFS金上場投資信託

金ETFとは?A

<大阪証券取引所(大証)>
■金価格連動型ETF
大阪証券取引所の金価格連動型ETFは、
日本初の金ETFとして2007年8月に上場されました。

 

正式には、金価格連動型上場投資信託
(略称:金連動投信、銘柄コード・1328)といい、
金価格に連動する債券を組み込んだ投資商品となっています。

 

売買単位は、10口(10グラム)となっています。

金価格連動型ETFの特徴は?

金価格連動型ETFの最大の特徴は、
金価格に連動する投資成果を目指していることといえます。

 

というのは、
ベンチマーク(運用目標となる指標)としている
金(ゴールド)の価格が上昇すれば、
金価格連動型ETFの基準価額も上昇し、

 

金(ゴールド)の価格が下落すれば、
基準価額も下落するからです。

金価格連動型ETFを運用しているのはどこ?

大阪証券取引所(大証)上場の
金価格連動型ETFの運用にあたっているのは、
野村グループの資産運用会社、
野村アセットマネジメント株式会社です。

 

スポンサーリンク