金のドル離れとは?

ドルと金はどのような関係にあるのですか?@

1971年のニクソン・ショック以前は、
ドルの信用の裏付けとして、金が用いられていました。

 

しかしながら、ドルと金の兌換停止を発表した
ニクソン・ショックによって
その関係は絶たれます。

ドルと金はどのような関係にあるのですか?A

ドルは、
米国の信用を裏付けとしたペーパーマネーになり、
一方で金は、
マネーから商品(コモディティ)になったのです。

 

こうしてドルと金の両者が切り離されたことから、
米国の状況が悪化したときには
ドルの信用が低下して売られ、金が買われる、

 

反対に、
ドルの信用が高まれば、金が売られるという、
逆相関の関係ができあがりました。

 

スポンサーリンク

金のドル離れとはどういうことですか?

といっても、ここまでの金とドルは
連動していたことに変わりはありません。

 

しかしながら、世界最強といわれていた
米金融業が破綻したことで、2009年に入ってからは、
金のドル離れが起こります。

 

つまり、2008年までは
FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策を
多くの投資家が信用していましたが、

 

2009年からは、ちょっと待てよという感じで、
首をかしげることが多くなったのです。

 

具体的には、次のようなものです。

 

■金融危機は予想以上に根が深いのではないか?
■本当に中央銀行が支え切れるのだろうか?
■金融機関が公表している不良資産をはるかに上回る簿外の損失が生じているのではないか?...など

量的緩和策をとってもドル高になるのはなぜですか?

FRBは、量的緩和策により
通貨の発行量を増やしていますが、
これは、通貨に対する信認が薄れる
という副作用が伴います。

 

それでもドル高が維持できているのは、
為替相場の参加者が
弱いドルと弱いユーロを比べたときに、
まだ弱いドルのほうがマシだと考えているからです。

 

ドルと金の相関関係が元に戻るのは、
オバマ政権が金融危機を終息させ、
株式市場や為替相場が
合格点を付けた時になるのかもしれません。

 

なお、前述したように、
金のドル離れは当面は続くと思われますが、
通貨では資産は守れないと判断した投資家は、
実物資産である金に目を向け始めています。

 

スポンサーリンク