金融危機が金価格を上昇させた?/記念金貨とは?

金融危機と金価格の上昇@

金価格は、
1980年以降の最悪の金融危機により、
2001年5月から動き始めたと言われています。

 

つまり、そのとき金市場には、
金価格が上昇する素地ができていたというのです。

金融危機と金価格の上昇A

具体的には、
1999年に締結されたワシントン協定により、
それまで重しとなっていた
中央銀行が保有する金を売却する「公的売却」

 

年間上限売却量400トン、
2004年までの5年間の合計で2000トン
という、歯止めがかけられたことが、
金価格の上昇を促したとされているのです。

 

さらに、同時多発テロ以降は、
急角度で金価格が上昇することになります。

 

前述したように、グリーンスパン議長は、
ドラスティックな金融緩和策を摂ったわけですが、
このような意図的に金余り状態を作り出す手法は、
人為的にインフレ状態を作り出すことにつながります。

 

ただし、この時は、
なんとか上手く乗り切りました。

 

ここで、通貨供給量を増やしつつも、
心地よいところでバランスさせるリフレーション策を摂ったことで、
通貨の価値が薄まり、
金価格が息を吹き返したのです。

記念金貨とはどのようなものですか?

記念金貨というのは、
収集型金貨ともいわれていますが、
これは、趣味的な収集や
希少品の付加価値を期待して購入されるものです。

 

ちなみに、この記念金貨については、
金相場の影響はあまり受けず、
収集者の嗜好によって価格が変動します。

 

スポンサーリンク