金の安心感と金ETF

金をポートフォリオに組み込む@

上記のようなことから考えますと、
金は資産の中では脇役的な存在でありますから、

 

どのような動機にしても投資家は、
価値が変わらない金を持つことで
「安心感」を得られることになります。

金をポートフォリオに組み込むA

そうすると、株式投資にしても債券投資にしても
余裕を持って臨めるようになる、
つまり冷静に考えられるようになります。

 

かつては、機関投資家ですら
金を5%持っていたといわれていますが、

 

個人投資家であれば
ポートフォリオの10%程度は
保有していてもいいかもしれません。

 

ちなみに、欧米では、
ポートフォリオに組み込むのは
主として金ETFです。

 

これは、地金は
セキュリティの問題があり保管が大変なので、
現物は持ちたくないと考えているからです。

日本人は金ETFに関心が薄い?

これに対して、日本の場合は
現物を持ちたいと考えているため、
金と交換できない金ETFには
あまり関心がないようです。

 

これは1980年代のバブル崩壊によって
ペーパー資産に痛めつけられたことに
起因するのかもしれません。

 

しかしながら、
金ETFは、単なるペーパー資産ではなく
金の裏付けのある資産ですから、

 

多くの人が金を保有することの重要性に気がつけば、
今後金ETFを受け入れるようになると思われます。

 

スポンサーリンク