金投資の意義と今後の需要は?

金投資の意義は?@

今日のような金融混乱時には、
特にそうなのですが、

 

そうした時でなく平常時でも、
資産の一部を金に投資するのは
理想的な投資といえます。

金投資の意義は?A

というのは、金は次のような機能があるほか、
これまでも、金は貴重な資源として、
時の経過とは無関係に
常にその価値を保ってきたからです。

 

■比較的安全な資金逃避先である。
■地政学リスクに対する保険になる。
■インフレ・ヘッジになる。

今後の金の需要見通しは?

今後の金への需要は
非常に強くなると思われます。

 

特にロシアやインド、中国などの高度成長国では、
金に対して強い需要があり、
金は理想的な財産およびパフォーマンス・リーダー
としての地位を再確立しています。

 

実際にも、
ロシアなどでは金の購入が増えています。

 

ちなみに、利用可能な金の量は限られており、
世界中に存在する金の総量は
およそ20万tと言われており、
これは、各辺がわずか20mの立方体に相当します。

 

このようなことから、
投資収益という観点から見ても、
米国の国債などよりも
金に投資したほうがよいという見方もあります。

 

スポンサーリンク