為替相場と金価格の関係は?/日本の景気と円高の関係は?

為替相場の動向と金の値動きの関係は?@

今後は、米ドルだけでなく、
英ポンドやスイスフラン、日本円など、
すべての通貨が安くなるであろうといわれています。

 

その理由としては、これらの通貨が
世界で最も古い通貨である金ほどには
完璧ではないということがあります。

為替相場の動向と金の値動きの関係は?A

つまり、金本位制のもとでは、
すべての銀行紙幣が、特定量の金の価値によって
裏付けされていたわけですが、

 

今日の印刷された紙幣には、
その裏付けとなる資産、
すなわち実質的な価値が存在しないということです。

 

よって、ユーロが日本円に対して下落するのかとか、
米ドルが日本円に対して下落するのかなどは
問題にはなりません。

 

日本円の価値は、
金の価値に対して徐々に低下していくので、
この問題は無視できるのです。

 

スポンサーリンク

日本の景気と円高の関係は?

2003年以降、日本経済は
バブル崩壊後の長いトンネルを脱して、
景気回復局面に入りましたが、

 

いま振り返ってみると、これはアメリカの好景気に
支えられていたということがわかります。

 

そして、2008年以降、先進国において
最も景気の落ち込みが激しいのは、
サブプライムローンとは無縁とされていた
我が日本というのも皮肉な話です。

 

もちろん、輸出企業は
海外の景気失速により業績を大きく悪化させ、
赤字に陥るところも続出したわけですが、
円高の悪影響も見逃せないわけです。

 

ちなみに、世界最大の自動車メーカーであり、
日本を代表する輸出企業のトヨタ自動車では、
円がドルに対して1円動くと、
400億円の損益が生じるといわれています。

 

また、日本国内の低金利を嫌って
外国の債券を購入していた投資家も、
海外の金利急低下に加えて為替でも損失を被り、
大きな痛手を負った人も多くいるようです。

 

スポンサーリンク