株式投資・債券投資より金投資は有利?

株式投資より金投資が有利な点は?@

金投資は、株式市場が下落すればするほど
好都合であると言われています。

 

これは、金が世界で最も古い通貨として、
安全性と安定性を提供しているからです。

 

また、予想インフレ率は、
金の価格を左右する最も重要な要因のひとつです。

株式投資より金投資が有利な点は?A

特に大きな金融危機のときには、
より多くの投資家が金に投資することにより、
資産の保全を図ろうとしますが、

 

金は市場環境のよいときにも、
その価値を失うことがありません。

 

これに対して、株式投資の場合は、
よほど適正な企業を選択しない限り、
市場の危機時に
利益を確保することは困難です。

 

しかも、長期的に見ても、
年率7〜8%のリターンでは、
株式の買いポジションのみによる
投資の高いリスクには見合いません。

債券投資より金投資が有利な点は?

金投資は、債券投資よりも
理にかなっているといわれます。

 

これは、債券投資ですと
発行者が破綻すると
投資元本を失うことになってしまいますが、
金投資ではこのような事態は生じません。

 

つまり、金投資の場合には、
定額の利子は得られませんが、
リスクは価値の減少に限られているということです。

 

また、債券に投資した場合は、
金利が低下して債券価格が上昇しない限り、
インフレ・ヘッジにはなりませんが、
金はインフレによって影響を受けることはありません。

 

スポンサーリンク