金価格と資源価格との関連性は?/リスク資産の圧縮と金投資の人気

金価格の上昇トレンドはどこまで続くのですか?@

いまサブプライムローン問題に端を発した
金融危機の影響もあり、

 

「金投資」に、
熱い眼差しが向けられているわけですが、
金の魅力とはどのようなものなのでしょうか?

金価格の上昇トレンドはどこまで続くのですか?A

2008年に、金価格は
一時1000ドルを超える高値をつけ、
その後、
ややこれを少し下回る価格で変動していますが、

 

金価格の上昇トレンドは
今後も続くとみている識者は少なくありません。

 

短期的に高いリターンを得た後に
若干の修正局面が訪れることはあるかもしれませんが、
これについてはトレンドの反転ではなく、
単なる小休止とみているようです。

 

スポンサーリンク

金価格と他の貴金属との違いは?

金の1オンス当たりの価格は、
2008年3月に1030ドルまで上昇した後、
10月には680ドルまで下落しています。

 

この間、プラチナの価格は66%下落していますが、
金の価格はわずか30%しか下落しておらず、
2009年の金価格は、
また1000ドル付近まで回復しています。

金価格と世界的なインフレ傾向・資源価格の動きとの関連性は?

インフレが進行しますと、
それに伴い金の価格も上昇します。

 

これは、コモディティ(商品)市場でも
同様の現象が生じます。

 

ちなみに、インフレが沈静化すると、
人々は紙幣を信用するようになります。

リスク資産の圧縮と金投資の人気

金というのは、
常に危機に強い通貨といえます。

 

金の価格は、継続的に
上昇する可能性があることから、

 

世界の金融情勢が
複雑かつ不確実になればなるほど、
金への投資の有効性が高まることになります。

 

つまり、現在直面しているような
金融危機のときには、
金への投資は、
安定性を提供することになります。

 

そういった意味においては、
インフレ時でも景気低迷時でも、
金は理想的な投資といえるかもしれません。

 

スポンサーリンク