金建てと為替リスク

「金建て」とはどのようなものですか?@

現在は金融危機の影響によって、
世界中の通貨の価値が目減りしていますが、
そういった一方で金の価格は上昇しています。

 

これは、あらゆる通貨への信頼性が
低下している証拠にほかなりません。

「金建て」とはどのようなものですか?A

このような中、「金建て」
という考え方が注目を集めています。

 

「ドル建て」とか「円建て」
といった言葉は聞いた方が多いかと思いますが、

 

これは、わかりやすくいうと、
国際的な取引や投資の際に、
決済に使用する通貨を
何にするのかという問題になります。

 

なお、外国の通貨を使用する場合を総称して
「外貨建て」と呼びます。

具体的には?

例えば、日本の家電メーカーが
家電製品を作って外国に販売するとします。

 

その際に支払いに用いる通貨が
ドルであれば「ドル建て」です。

 

なお、日本の投資家が
外国の投資商品を取引する場合も同様です。

為替リスクとはどのようなものですか?

企業の業績というのは、
販売したり投資したりして生じた損益だけでなく、
為替レートは刻々と変動していることから、
為替の影響を受けます。

 

よって、最終的に円に換算した場合には、
予想以上の損益が出る可能性があるのですが、
これを「為替リスク」といいます。

 

スポンサーリンク