金FTFのメリット・デメリットは?

ETFを保有する投資家の資産は、金価格の動きに応じて増減する

東京証券取引所上場のETFは金現物を、
大阪証券取引所上場のETFは、
金の現物ではなく金価格に連動する有価証券を売買します。

 

その結果として、
ETFを保有する投資家の資産は、
金価格の動きに応じて増減するというわけです。

金FTFとはどのような投資商品ですか?

ETFとは、株式市場に上場している
投資信託(Exchange Trade Funds)の略称のことをいいます。

 

具体的には、次のもののうち、
証券取引所に上場されていて、
株式と同じように売買できるもののを指します。

 

■日経平均株価やTOPIXといった日本の株価指数
■海外の株価指数に連動した値動きを目指して資産を構成している投資信託

 

そして、この金価格と連動しているEFTが
「金FTF」という商品です。

 

金FTFは、
金株式会社の株価が金価格だ
と考えるとわかりやすいかもしれません。

金FTFのメリット・デメリットはどのようなものですか?

ETFは、現物の売買に対して、
次のようなメリット・デメリットがあります。

 

■金FTFのメリット
・現物を保管する手間がないこと
・株式市場を通じて売買することから、証券口座さえ持っていれば、
株を買うのと同じ手軽さで始められること...など

 

■金FTFのデメリット
・金の現物として引き出すことができないこと
・有価証券の発行体の倒産や財務状況の悪化に影響されるなど、
取引リスクや信用リスクがあること...など

 

スポンサーリンク