都市鉱山は世界最大の金鉱?/都市鉱山とは?

日本の都市鉱山の金(ゴールド)の量は?@

電子機器に含まれる金の量を、
独立行政法人物質・材料研究機構が計算したところ、
日本には、約6800tもの金が存在することがわかりました。

 

世界最大の金鉱を持っている南アフリカの可採埋蔵量が、
およそ6000tですから、単純に比べても、
日本の「都市鉱山」は、
最大の金鉱といえそうです※。

日本の都市鉱山の金(ゴールド)の量は?A

ということで、携帯電話などを
かき集めればよいのではと思われますが、
実際には、携帯電話の回収は
あまり進んでいないのが現状のようで、

 

実際、2000年初頭と比較すると、
回収台数は半減しているそうです。

 

その理由としては、
携帯電話の端末が高機能化するにつれ、

 

買い替え後もメールや撮影した画像、
ダウンロードしたゲームなどを楽しみたい、
という理由で、所有し続けることがあるようです。

 

また、個人情報の流出懸念も強いようで、
そう簡単にはいかないようです。

 

※他国の「都市鉱山」の規模は明らかではありませんので、
あくまでも単純な比較です。

 

スポンサーリンク

都市鉱山とは何ですか?

指輪やネックレスに加工された金というのは、
基本的にはそのままの形で長期間使用されることになります。

 

しかしながら、携帯電話などは多くの場合、
2年程度で新機種に買い換えられることになります。

 

「都市鉱山」とは、このような
使用されなくなった電子部品から金を取り出すことを、
鉱山にたとえていいます。

 

ちなみに、通常の金鉱石から採れる金の量というのは、
1t当たり約5gですが、

 

携帯電話1t分から取り出せる金の量は
300g以上にものぼりますから、
決して大げさな話ではなく、まさに良質な鉱山といえます。

 

とはいえ、金価格の上昇により
「都市鉱山」は注目されているものの、
回収はなかなか進んでいないのが現状のようです。

 

スポンサーリンク