金融危機と金(ゴールド)の価格上昇/金は流動性が高い?

金(ゴールド)はどれくらい上昇しているのですか?@

金(ゴールド)の価格は、
2008年に、一時、
1トロイオンス=1000ドルを突破し、

 

ここ10年間では、
およそ3倍もの上昇を見せています。

金(ゴールド)はどれくらい上昇しているのですか?A

ちなみに、同期間、
比較的有利な定期預金(年利1%)
で運用したとしても、1.093倍程度ですから、

 

金(ゴールド)の上昇が
どれだけすごいのかわかるかと思います。

金融危機と金(ゴールド)の価格上昇

過去10年間の金価格の推移を見ますと、
金(ゴールド)の価格は、

 

1999年に、
1トロイオンス=約250ドルの安値をつけた後、
2008年には一時、
1000ドルを超えるまでに上昇しています。

 

その後、サブプライム問題に端を発する金融危機や、
世界景気の後退懸念を受けて
落ち着きを見せてはいますが、
2000年と比較するとおよそ3倍の水準となっています。

 

スポンサーリンク

金は流動性が高い?

金は世界中で換金可能ですから、
流動性が高いといえます。

 

株は銘柄により流動性が異なりますし、
不動産は時価が不透明で現金化も困難ですが、
金(ゴールド)でしたら、それ自体が
国際通貨ともいえる流動性をもっているといえます。

金(ゴールド)はどのような用途に使用されていますか?

金(ゴールド)には、装飾品としての需要以外にも、
通貨やその代替品、工業製品としての需要がありますが、
その内訳としては、実は装飾品がほとんどです。

 

具体的には、金の70%弱は、指輪やネックレスといった
装飾品や宝飾品に用いられています。

 

電子機器など工業製品向けの需要は、
全体から見ればほんの10%強といったところです。

装飾品としての金(ゴールド)を使用している国は?

装飾品として金を最も多く使用している国は、
インドです。

 

ちなみに、インドは、
経済成長が著しい新興国BRICsの一角であり、
中国に次いで世界で2番目の人口を誇っている国です。

 

そして、インドに次いで金の需要が多いのは、
こちらも新興国の一角である中国です。

 

さらに、続いて上位には、
中東の産油国が並んでいます。

 

このように金は、
力強い経済成長が期待できる新興国での需要が大きいことから、
その金価格を支える要因にもなっています。

 

スポンサーリンク