有事といえばドルか金(ゴールド)か/金融不安との関係は?

有事はドル買いか金(ゴールド)投資か?

かつては、戦争などの大事件が勃発すると、
米ドルが他国の通貨に対して
上昇するケースが多く見られました。

 

これは、混乱が大きくなる可能性に備えて、
ひとまず世界の事実上の基軸通貨であり、
最も流動性が高いドルに替えておけば
安心であるという経験則によるものです。

同時多発テロでは米ドルが売られた?

しかしながら、歴史上初めて
アメリカ本土が攻撃された
2001年の同時多発テロ事件では、
米ドルが売られました。

 

これは、アメリカ自身が
直接テロの標的になったことも
大きな要因の一つですが、

 

もうひとつの大きな要因として、
第2の基軸通貨として、欧州統一通貨ユーロが
台頭してきたことがあります。

 

そして、現在では、
欧米の金融機関が危機にさらされる中、
資産を金(ゴールド)にシフトする動きが強まっています。

 

つまり、いまや投資家は
「有事の金」を意識しているということです。

金融不安と金(ゴールド)との関係は?

破綻懸念がある金融機関にお金を預けている人は、
経営不安のうわさが流れた段階で、
できるだけ破綻する前に預金を引き出そうとします。

 

しかしながら、他の金融機関に移そうにも、
金融危機が広がっている場合には、
資金の行き先は限られてしまいます。

 

このように株式市場も大きく混乱する中、
最後に残った安全資産である
金(ゴールド)に向っているのです。

 

スポンサーリンク