金(ゴールド)の価値と流通量は?

金(ゴールド)の流通量が多いのは?@

金というと、金の延べ棒や金貨を
イメージする人が多いかもしれませんが、
そのような中で流通量が多いのは、
カナダのメイプルリーフ金貨です。

 

この最も小ぶりな10分の1オンス金貨は、
額面が5カナダドルとなっており、
日本円ですと400円強になります。

金(ゴールド)の流通量が多いのは?A

ところが、金は、
1g当たり3000円前後(2009年5月現在)
で取引されており、

 

具体的には、
1円玉よりもひと回り小さいサイズの
メイプルリーフ金貨※の小売価格は、
およそ11,000円となっています。

 

つまり、これは500円玉が
1万円で取引されているようなものであり、
何だか変な話です。

 

※10分の1オンス=約3.1gです。

では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

これは、多くの金貨が、
一応額面が刻印されているものの、
その金貨の金としての価値よりも
かなり低い額に設定されているからです。

 

つまり、実質上通貨として流通しているのではなく、
あくまでも小さな金の塊として製造されているということです。

 

なので、
カナダドルの硬化は外国では通用しませんが、
10分の1オンスの金としてでしたら、
世界共通の価値を持っていることになります。

 

すなわち、このような金貨は、
それぞれの発行国が、金の品質を保証する
という意味合いを持っているのです。

 

スポンサーリンク