歯科治療に使われる金の種類は?

金が歯科治療に使われるようになったのはなぜですか?@

金歯はお金持ちのアイコンともいえますが、
そもそもなぜ、金が歯科治療に
用いられるようになったのでしょうか?

 

まず、歯は非常に複雑な形状をしているため、
クラウン※は、
加工しやすい素材である必要があります。

金が歯科治療に使われるようになったのはなぜですか?A

また、次のようなことなどが要求されます。

 

■歯としての強度
■錆びないこと
■金属アレルギーを起こしにくいこと
■再び虫歯が起こる可能性が低いこと...など

 

これは、歯は毎日使用しますし、
常に唾液にさらされているからです。

 

金は、そのすべての部分で
他の金属よりも優れているといわれています。

 

※歯のかぶせ物のことを、専門用語で「クラウン」と呼びます。

歯科治療に使われる金の種類は?

歯科治療に用いられる金についてですが、
純金ではやわらかすぎることから、
実際には金に銀や白金、パラジウムなどを
混ぜた合金が使用されています。

 

なお、金の含有量が多い高級品ほど、
金色に輝くということになります。

 

ただし、高級品には健康保険はききません。

金(ゴールド)は有事のときに頼りになる?

金(ゴールド)というのは、
いざというときに、自ら抱えて逃げることも可能ですし、
しかも変質しにくく、
換金しやすいという特徴があります。

 

このように、様々な理由から、金(ゴールド)は
「有事」の際には、頼りになるといわれています。

 

スポンサーリンク