サブプライム問題とは何?

サブプライム問題はアメリカの住宅バブル@

2000年のITバブルの崩壊、
その翌年の同時多発テロと、
アメリカの景気は著しい悪化に見舞われました。

 

そうしたことを背景に、
アメリカの金融当局は、金利を低下させたのです。

サブプライム問題はアメリカの住宅バブルA

これにより、マーケットにはマネーがあふれ出し、
土地や住宅の価格はバブル的な上昇となりました。

 

そのような中、金融機関やローン会社は、
それまででしたら住宅ローンを組めないような
信用力の低い人々にも、
お金を貸し出すようになったのです。

 

これが「サブプライムローン」です。

 

しかしながら、購入した住宅・土地の
値上がりを前提にしたこの仕組みは、
期待通りの値上がり益とはならず、

 

2006年初頭から住宅価格の下落が始まると、
変動金利型のサププライムローンを借りていた人々のなかには、
金利の上昇に耐えられず、
返済が滞ってしまう人が続出したのです。

 

そして、結果としては
徐々に焦げ付きが目立ち始め、
2007年の初めには、サブプライムローン問題として、
世界中の注目を集めることになったのです。

 

つまり、世界経済を大混乱に陥れた発端は、
アメリカの住宅バブルだったということです。

 

スポンサーリンク

世界金融危機は一体何だったのか?

金融機関やローン会社は、
単にサブプライムローンを貸し付けただけではありませんでした。

 

具体的には、貸し出したローン債権を、
証券化と呼ばれる手法によって、
金融商品に仕立てたのです。

 

この比較的貸出金利が高い
サブプライムローンを組み込んだ金融商品は、
相対的に有利な利率を提供できただけでなく、
著名な格付け会社も、高い格付けを付与していました。

 

この時期、世界中の投資家や金融機関は
低金利に苦しんでいたことから、
この商品は、少しでも有利な運用先を求める
世界中の金融機関に販売されたのです。

 

しかしながら、ローンの焦げ付きが深刻化すると、
サブプライムローンを組み込んだ投資商品は、
値段がつかなくなるほどに暴落したのです。

 

これによって、
この投資商品を保有していた金融機関には
膨大な損失が発生し、
中には破綻するところも出てきました。

 

そうなると金融機関は、
互いの信用力に疑問を持ち始めますから、
今度は、銀行間でも
資金の融通に支障をきたすようになります。

 

結局、各国政府や金融当局は、
これらの金融機関を救済するために、
莫大な資金を出動させることとなったのです。

 

これが、サブプライム問題が世界中に広がった理由です。

 

スポンサーリンク