外貨投資の種類(外貨預金)

外貨預金・FXについて@

外貨投資というのは、
外貨を使って投資することですが、
実はその商品の種類はたくさんあります。

 

最もわかりやすいものとして、
純粋に外貨に投資する種類の商品である、
外貨預金やFX(外国為替証拠金取引)などがあります。

外貨預金・FXについてA

ただし、これらの商品は、
外貨を使って何かに投資するというよりは、
外貨そのものに投資する方法といえます。

外貨預金の利益と損失

例えば、外貨預金は、
米国のUSドルや、欧州のユーロ、英国のポンド
といった、海外の通貨そのものが商品であるといえます。

 

それらに海外の通貨の価値が、
日本円に対して上昇したとき、
すなわち円安になったときには、
為替が変動したことによる利益を得ることができます。

 

反対に、海外の通貨の価値が、
日本円に対して下落、すなわち円高になったときには、
損失が発生することになります。

外貨預金の金利について

外貨預金は、日本円の預金と同様に、
金利収入も大きなメリットになりますが、
これはFXでも同じです。

 

ちなみに、この金利についてですが、
これは外貨を使って
何かに投資した結果として生まれるものではなく、
外貨そのものが金利を生んでいるといえます。

難平(ナンピン)とは?

難平(ナンピン)というのは、
最初に買った(売った)レートよりも
下がった(上がった)時に、

 

ポジションの平均コストをよくするために、
その下がった(上がった)レベルで
買い増す(売り増す)ことをいいます。

 

スポンサーリンク