外貨による資産運用の増大

日本だけに投資し続けるのは不合理@

ここ十数年、日本における
外貨による資産運用は、大幅に増加しています。

 

具体的には、日本銀行の
資金循環統計による数値によりますと、

 

1990年には、およそ9,300億円程度だった
家計の外貨預金の残高は、2008年には
およそ4兆7,700億円と5倍以上にもなっています。

日本だけに投資し続けるのは不合理A

また、90年に4兆1,500億円だった
家計による海外証券投資も、
2008年には、8兆4,000億円と
およそ2倍以上にまで増大しています。

 

とはいえ、いくら外貨運用をする人が増えてきたとはいっても、
まだまだ国内の株式や投資信託などの比重は高いようです。

 

ただし、日本経済が、
今後急速に成長していくと予測できるのであれば、
国内投資のみでもよいのですが、

 

実際には、日本は
世界でも稀にみる少子高齢化が進んでおり、
経済は低成長を続けているのが現状です。

 

これに対して、
中国をはじめとしたアジアや
中南米、アフリカの新興諸国など、
今後急成長を期待できる国も数多くあります。

 

なので、このような国への投資をせずに、
日本のみに投資し続けるのは合理的とはいえません。

 

スポンサーリンク

超低金利が外貨投資の要因

金利も外貨による運用を
増大させている大きな要因の1つです。

 

景気が多少回復してきたとはいっても、
日本の金利は依然として
世界でも類を見ない超低金利であり、

 

日本から見れば、依然として
他国の金利のほうが高い状況が続いています。

 

このような背景から、日本の個人投資家は、
高い金利を求めて
外貨投資を増やしているのであり、

 

このような現象は、
今後も続いていくものと思われます。

 

スポンサーリンク