外貨建て資産運用と外為法の改正

リスクのある資産運用へ@

前述のように、日本は世界的にも
稀な超低金利国となったことから、

 

一般の人の間でも、ある程度のリスクを負っても、
資産を殖やすための運用をしたい
というニーズが高まりました。

 

こうしたことから、
株式や投資信託に、関心が集まりだしたのです。

リスクのある資産運用へA

そのような中で、
1998年に施行された、
外国為替及び外国貿易法(外為法)は、

 

日本人の外貨建て資産の運用を
大幅に後押しするとともに、
国内のみならず、海外の資産でも
運用する機会を広げました。

 

つまり、一般の個人投資家でも、
欧米などの株式や国債、投資信託などで
資産運用ができるようになったということです。

 

この結果として、
超低金利の日本以外への投資が
盛んに行われるようになりました。

 

スポンサーリンク

新興国への投資も

海外における資産運用は、
何も欧米に限ったことではありません。

 

ここ数年、急成長を続ける
中国やインドといった新興国にも、
誰もが投資できるようになっているからです。

 

今や、資産運用は国内の金融商品のみ、
日本円のみといった時代は過去のものとなりました。

 

現在では、様々な制限が緩和されることにより、
一般の人でも外貨建ての金融商品によって、
大きなリターンを得られる機会が広がっています。

デフレーションとは?

デフレーションというのは、
有効需要が供給に対して不足するために生ずる
一般的物価水準の低下現象のことをいいます。

 

経済全体が縮小均衡の過程に入り、
この時、貨幣量に比べて財の量が多くなるため、
貨幣価値の上昇が生じます。

リクイディティとは?

リクイディティ(liquidity)というのは、
取引の流動性のことをいいます。

 

例えば、その通貨について取引制限がほとんどなく、
市場参加者の信頼性が高く、取引量が豊富な場合に
「リクイディティがある」といいます。

 

スポンサーリンク