為替相場の1年を通した値動き/円高になりやすい月は?/リパトリとは?

円高になりやすい月は?

日本では、2、5、8、11月に、
外貨建債券の四半期ベースの
支払いを行うケースが多く、

 

この時に円への価格転換が必要になりますので、
これにより円買い注文が集中し、
円価格が上昇するという構図になります。

トレンド転換は1月と4月?

過去をさかのぼって見てみますと、
円に関して言えば、
1月と4月にトレンド転換をすることが多いようです。

 

これは、厳密には季節性というようりも
相場のクセのようなものなのですが、

 

この特性を利用して、
1月と4月に天底を打ったと判断したときには、
転換を見越して
ポジションを立てるのも1つの戦略になります。

 

スポンサーリンク

1年を通した値動きは?

おおよそ、次のような値動きが予想されます。

 

■1〜3月 
世界的に年始・年度末の季節であり、
年度末には、リパトリエーション(資金の本国送還)があります。

 

■4〜5月 
新しい年度会計の始まる時期で、
企業の新しい通貨取引が活発になり、
ファンダメンタルズとはかけ離れた価格変動があります。

 

■2、5、8、11月 
外貨建債券の四半期ベースの支払いを行うケースが多く、
この時も円への価格転換が必要になります。

 

■1、4月 
トレンド転換をすることが多いですが、
これは、季節性というよりは相場のクセに近いものです。

リパトリとは?

1〜3月は、
世界的に、年始・年度末の季節ですが、
為替相場では、年度末に
リパトリエーションという作業が行われます。

 

このリパトリエーションは、
「リパトリ」と略されますが、
具体的には、日本の会計年度末に、
日本企業が海外資金を日本円に戻す作業のことをいいます。

 

「戻す」ということは、
外貨を円に買い戻すことを意味しますので、
たとえ日本の景気が悪くても、
円が上昇する可能性があります。

 

なお、4〜5月も
新しい年度会計の始まるタイミングとなることから、
企業の新しい通貨取引が活発になり、
ファンダメンタルズとはかけ離れた価格変動が
起こりやすくなりますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク