為替市場の取引時間帯/値動きの大きい時間帯は?

為替市場はいつ開くのですか?@

FXは、土日以外は
24時間リアルタイムで取引することができます。

 

まず日本時間の朝7時には、
南半球のオーストラリアやニュージーランドといった
オセアニア市場はすでに開いています。

為替市場はいつ開くのですか?A

そして、朝9時からは
日本やアジア各国の市場が開き、

 

17時になると、
日本市場やアジア各国の市場での取引が
薄くなっていくのと同時に、
今度は、ヨーロッパ各国の市場が開いていきます。

 

さらに、21時頃になると、ヨーロッパ市場と並行して、
ニューヨーク市場が開きます。

 

その後、ニューヨーク市場は朝5時に閉じ、
そしてまた、オーストラリアやニュージーランド市場が開きます。

 

このような感じで、
1日24時間、為替市場は回っています。

 

スポンサーリンク

為替市場の時間と値動きの関係について

世界の為替市場の1日の動きを見る際のポイントは、
時間と値動きの関係にあります。

 

つまり、24時間どこかの市場が動いていますが、
時間帯によっては、
値動きには、特徴があるということです。

ライフスタイルに合った時間に取引する

24時間、常に値動きを監視することは不可能ですし、
大多数の人は、
自分のライフスタイルに合った時間帯でしか
取引できないと思われます。

 

そのような場合には、
より取引量の多い時間帯に参加するのが鉄則です。

 

つまり、マーケットが注目する
「経済指標」の発表時間をチェックしたり、
あるいは「出来高の量」などを加味して、
時間を効率的に使うようにします。

値動きの大きい時間帯は?

次のような時間帯は、比較的値動きが大きくなります。

 

■早朝4時前後 
⇒ ニューヨーク市場の手仕舞い注文が殺到する時間帯です。
■8時50分前後 
⇒ 日本のGDPなどが発表される時間帯です。
■17〜20時 
⇒ ユーロ圏の経済指標が発表される時間帯です。
■21時前後 
⇒ 米国の経済指標が発表される時間帯です。

 

なお、それぞれの経済指標の発表時間は異なりますが、
しばしばこれらの時間帯に
値が大きく動く傾向がありますので、覚えておくと便利です。

 

スポンサーリンク