南アフリカランドの特徴を知る/資源、カントリーリスク...

南アフリカランドにはどのような特徴がありますか?

南アフリカランドは、
金利が高いことから人気のある通貨です。

 

また、現在の南アフリカの金利は、
先進国と比べて圧倒的に高い状況なので、
スワップ取引の対象となっています。

南アフリカは資源が豊富

南アフリカの人口は、
5000万人弱と少ないですが、
1人当たりの国民所得はアフリカで最も高いです。

 

これは、金やダイヤモンド、プラチナなどの
豊富な資源に恵まれているからです。

 

特にプラチナは、近年、
自動車排出ガスの
浄化触媒として利用されていることから、
エコの潮流に乗った媒体といえます。

 

スポンサーリンク

工業大国としての南アフリカ

南アフリカというのは、
工業大国としての側面もあります。

 

というのは、ユーロ圏の自動車、
例えば、
ベンツやBMWなどの主要生産工場が
南アフリカに集中しているからです。

 

なので、大手自動車企業の
電気自動車への移行なども、
間接的に
南アフリカ経済に影響を与えると思われます。

 

なお、近年の経済の牽引役としては、
サービス産業と製造業があげられます。

南アフリカのカントリーリスクについて

南アフリカは、政治的なリスクや
インフラ整備への不安が非常に大きく、
その国特有のリスクであるカントリーリスクには、
十分な注意が必要になります。

 

また、南アフリカ経済というのは、
海外からの投資により成り立っていますので、

 

外部市場で何らかの経済的インパクトが起きたときには、
資金が低リスクの先進国に向かい、
容易にランド安になってしまいますので、
こちらにも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

南アフリカの特徴について

次のような特徴があります。

 

■主要産業 
⇒ 農業、畜産業、鉱業(ダイヤモンド、金、プラチナなど)、製鉄、食品、繊維、化学、自動車
■主要輸出品目 
⇒ 貴金属、金、鉱物製品、食品、化学製品、繊維製品、ダイヤモンド
■主要輸入品目 
⇒ 自動車類、機械、科学機器、化学繊維、繊維製品、プラスティックゴム
■主要貿易相手国 
⇒ 日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、オランダ、サウジアラビア、中国

南アフリカについて今後注目する点は?

次のような点が注目されます。

 

■ベンツやBMWなどユーロ圏の自動車産業の動向
■癒着や腐敗の多い国内政治の問題・事件など
■排気ガス浄化に使用されるプラチナ

 

スポンサーリンク