中国の特徴を知る

どのような特徴がありますか?@

中国の経済成長率は、
5年連続で2桁のプラス成長となっており、

 

2008年に起きた世界的な金融危機後、
政府による引き締め政策が実施され、

 

同年第3四半期には1桁台に落ち込みましたが、
それでも経済成長率は著しく強い国といえます。

どのような特徴がありますか?A

こうした背景もあり、
金融危機後は、一部で次世代の主要通貨は
人民元だとの声も聞かれます。

 

しかしながら、一方では、
国際化を前提としたモラル意識の欠如や、
金融、エネルギー、環境保全に対する問題点もあり、
市場参加者の不安材料となっています。

 

なので、今後は、
「国際社会への参加」「市場の開放」
といったキーワードが、

 

中国人民元の動向を占う上で
重要となってくると思われます。

 

スポンサーリンク

中国経済の主体は?

中国経済の主体となっているのは、
現在はモノ作り産業ですが、
今後は日本の高度経済成長のときと同様に、
モノ作りからサービス産業への移行も考えられます。

 

そうなると、物理的な貿易業務が低下し、
成長が緩やかになることも考えられます。

中国の特徴について

次のような特徴があります。

 

■主要産業 
⇒ 繊維、食品、化学原料、機械、非金属鉱物
■主要輸出品目 
⇒ 機械製品、電気製品、ハイテク製品、繊維製品
■主要輸入品目 
⇒ 機械製品、電気製品、ハイテク製品、集積回路、マイクロ組立部品
■主要貿易相手国 
⇒ UE諸国、米国、香港、日本、ASEAN諸国、韓国

中国について今後注目する点は?

次のような点が注目されます。

 

■モノ作り主体産業からサービス主体産業への移行
■世界が注目する高GDP成長率の維持
■社会主義国中国と、国際化した経済のモラルの問題

 

スポンサーリンク