移動平均線によるトレンド判断/算術平均の違いは?

移動平均線の種類は?@

移動平均線の計算方法には、
単純移動平均、加重移動平均、修正平均、
指数平滑平均などさまざまな種類があります。

 

ただし、過去のシミュレーションを行うと、
どの計算方法によっても、パフォーマンスには、
それほどの差がでないといわれています。

移動平均線の種類は?A

移動平均線

 

なので、
どの移動平均線を使用するのかというのは、
投資家の好みによるのですが、

 

皆が見ているという意味では、
単純移動平均線を使うのがよいと思われます。

 

スポンサーリンク

移動平均と算術平均の違いは?

一般に統計学のデータ処理では、
平均値は、そのサンプルとなるデータ群の
真ん中に置こうとする「算術平均」を使いますが、

 

相場の世界で使用する移動平均は、
平均値を直近のデータ、
つまりその日の終値のところに置くのが特徴です。

 

例えば、12か月算術平均線というのは
、12か月移動平均線を
6.5か月分過去にずらした曲線になります。

 

これは、ある年の1月から12月までのデータの平均値を
6月と7月の間に置いて、
それらを結んだものが12か月算術平均線になるからです。

 

よって、2つの平均線は同じ形をしていますが、
12か月算術平均線の方が、6.5か月だけ
12か月算術平均線よりも右にずれることになります。

 

スポンサーリンク