移動平均線の作り方

移動平均線とローソク足の関係は?@

移動平均線は、
ローソク足の次に押さえておきたい
テクニカル指標です。

 

さまざまなマネー雑誌やネット証券のチャートにも、
ローソク足とともに、
移動平均線が描かれているかと思いますが、

 

これは、多くの投資家がこのチャートを見ていて
それに基づいて行動していることを意味しているといえます。

移動平均線とローソク足の関係は?A

移動平均線

 

つまり、他の多くの投資家が
どのようなことを考えているのかを判断するためにも、
この移動平均線の考え方を理解しておくことは必須です。

 

具体的には、移動平均線というのは、
当日からさかのぼった
ある一定期間の終値の平均値を、
当日にプロットすることでグラフ化したもので、

 

ローソク足で表される終値との関係によって
売り・買いのタイミングを決めるために使用されます。

 

スポンサーリンク

移動平均線の作成方法は?

移動平均線は、次のように作成します。

 

(1)平均をとる期間、具体的には、日・週・月の単位、
および何単位を基準とするのかを設定します。
また、代表的な期間としては、以下のようなものがあります。

 

⇒ 日足…25日、75日、100日、200日
⇒ 週足…13週、26週、52週
⇒ 月足…12か月、24か月、60ヵ月

 

※なお、相場の周期の半周期が基本です。

 

(2)当日、あるいは週、月から、(1)で設定した期間だけさかのぼり、
その日数、あるいは週数、月数の終値の平均値を求めます。
ちなみに、単純移動平均なら足して割ります。

 

(3)(2)で求めた平均値を、当日、
あるいは週、月の値としてグラフにプロットします。

 

スポンサーリンク