相場予想は無意味か/パリティとは?

相場はどこで流れが変化するのかを考えることが重要@

相場というのは、投資家の意思の集合体なので、
連続する動きの中で、
今後の流れを判断する必要があります。

 

このとき重要なのは、
相場が上昇している局面では、
その上昇がどこまで続くのかというよりも、
どの水準を割り込めば売りになるのかを確認することです。

相場はどこで流れが変化するのかを考えることが重要A

例えば、円安・ドル高が急激に進んで、
1ドル=100円から110円まで一気に上昇したとします。

 

このように強力な上昇トレンドが発生したとしても、
その都度、どの水準を割り込むと
この上昇が終わる可能性があるのか
ということを把握していれば、

 

その水準を割り込まない限りは、
ドルの買いポジションを
持ち続けていればよいということになります。

 

つまり、利益の追求が可能になるということです。

 

こうした点が、
テクニカル分析により売買するポイントとなります。

 

どこまで上昇するのか、あるいは下落するのかが
わからない相場に対応するためには、

 

どこまで行くのかを考えるよりも、
どこを割り込んだり、
どこを超えるとその流れがかわるのかを
考えることのほうが大切です。

 

よく相場を予想しても意味がない
といわれるのはこのためです。

パリティとは?

パリティ(parity)というのは、
等価、平衡価格の意味ですが、
為替取引では、直先スプレッドが
金利差と一致している均衡状態のことをいいます。

 

なお、ユーロ誕生後に、ユーロ急落過程、
あるいはその後の回復過程で、

 

1ユーロ=1ドルというレベルが意識された時に、
「パリティを割れる(回復する)」
という言葉が盛んに使用されました。

 

スポンサーリンク