移動平均線の乖離を狙ったトレード手法

どのような手法ですか?@

移動平均線の使い方には様々なものがありますが、
的中率が高く簡単なものとしては、
乖離を見るという手法があります。

 

乖離というのは、
わかりやすくいうと、
移動平均線からの「離れ具合」です。

どのような手法ですか?A

移動平均線

 

為替レートは、移動平均線からはなれて
「急上昇」あるいは「旧下降」
しすぎると、

 

元に戻ろうという力が生じ、
その後、移動平均線に近づく習性があります。

 

つまり、移動平均線から乖離しすぎるときは、
「高騰しすぎ」あるいは「下落しすぎ」
であるため、

 

利益確定による反対売買なども起こりやすくなり、
中長期のトレンドとは関係なく、
反転する可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

移動平均線の乖離を狙ったトレード手法の注意点は?

ただし、この現象は
あくまでも短期的な調整であって、
トレンド転換とは異なりますので
注意が必要です。

 

また、その近づき方には、
次の3つのケースがあります。

 

■ローソク足が下がって(上がって)移動平均線に近づくケース
■移動平均線が下がって(上がって)ローソク足に近づくケース
■ローソク足と移動平均線の両者がそれぞれ近づいてくるケース

 

なので、
移動平均線から乖離しすぎの場合であっても、
移動平均線の方が、時間とともに
ローソク足に近づいてくる場合もありますから、

 

必ずしも反転が起こるとは限りませんので、
そこにも注意が必要です。

 

スポンサーリンク