リスク許容度の考え方

リスク許容度はどのように考えたらよいですか?@

リスク許容度というと、
技術的には

 

保証金に対するポジションの大きさであるとか、
精神的なものであるなど
様々な考え方があります。

リスク許容度はどのように考えたらよいですか?A

自分にとってのリスク許容度を
どのように考えるのかというのは、
まさに人それぞれであり、

 

例えば、潤沢な運用資金の人であって、
しかも日々食べるに困らないだけの
お金を持っている人であれば、

 

かなりの程度のリスク資産を
運用に回すことができると思われます。

 

反対に、
その日食べるのに精一杯の人が、
思い切りリスクを取った運用を行えば、

 

それこそ生活に必要なお金まで
失ってしまうことになります。

 

よって、
どこまでリスクを許容できるのかということについては、
一律に決められるものではなく、
人それぞれ千差万別であるということがいえます。

 

スポンサーリンク

リスクは枕を高くして寝ることのできる金額で

「自分が枕を高くして寝ることのできる金額」
で、
リスクを取るべきであることは言うまでもありません。

 

これは、当然のことですが、
相場が気になって夜も眠れないなどという状態では、
満足のいくトレードなどできないからです。

 

睡眠不足になれば、すっきりした頭で
正確な投資判断を下すこともできなくなってしまいます。

 

そして、何よりも、
損失を被ったときにうろたえてしまい、
自分の保有しているポジションを
客観視できなくなってしまいます。

 

冷静でいれば勝てたはずの勝負に
負けてしまうこともあるかもしれません。

 

よって、リスク資産の運用は
余裕資金の一部で行うことが大切になります。

 

スポンサーリンク