テクニカル分析の実践的利用方法

テクニカル分析はどのように利用したらよいのでしょうか?@

チャートのよいところは、
過去の値動きを時系列でたどることができることです。

 

ですから、チャートで示された値動きを追っていくと、
「そろそろ上昇相場も限界かも」
とか
「底を打って上昇に転じそうだ」
などということが、何となく見えてきます。

テクニカル分析はどのように利用したらよいのでしょうか?A

例えば、下落相場のときに、
3回連続して底値にチャレンジしているとします。

 

いわゆるチャート分析の3点底というものです。

 

これは、大きく下げては跳ね返され、
もう一度下げては跳ね返されで、
3回ほど下値をさらに割り込ませようと、
ヘッジファンドなどが売っているのかもしれません。

 

しかし、それでも下値を割らない状況ということですと、
次は、逆の方向に、一気にもっていかれる恐れがある
とみなさなければなりません。

 

よって、こういった場面では、
漫然と売りから入っていたりすると、
足元をすくわれた形になってしまうことが多いです。

 

そして、売り方の負けがはっきりしますと、
相場はぐんぐん上昇する可能性が出てきます。

 

底値近辺で売りに回っている投資家からすると、
相場が上昇に向かうとポジションが非常に苦しくなってきます。

 

そのため、売りから入っていた投資家たちが、
ポジションをクローズさせるために買戻しへと動くことから、
上昇スピードに加速が付くのです。

チャートを見るときのポイントは?

チャートを見るときには、
漠然と値動きを追いかけるだけでは十分とはいえません。

 

そのチャートが示す値動きの裏側に、
どのような現実のドラマが隠されているのかを
イメージすることが重要です。

 

スポンサーリンク