FXのレバレッジはハイリスク・ハイリターン?

レバレッジとはどのようなものですか?

レバレッジという言葉は、
もともとは「てこの原理」を意味します。

 

FXでは、実際に預けている金額の
何倍もの大きな額の取引を
可能にしてくれるという意味で用います。

具体的には?

例えば、
10万円という少額の金額を預け入れ(証拠金)、
レバレッジを大きく効かせることによって、

 

元手である10万円以上の
利益を狙うことが可能となります。

 

これは、レバレッジを10倍以上にすれば、
証拠金の10倍、
つまり、100万円相当以上の金額を
取引することができるということです。

 

従いまして、高いレバレッジを設定した上で
上手に取引できれば、
元手の何倍もの利益を上げることも可能になる反面、
負ければ多額の損失を被ることになります。

 

スポンサーリンク

レバレッジはハイリスク・ハイリターン?

このあたりが、FXは
「ハイリスク・ハイリターン」
といわれるゆえんですが、

 

あくまでもレバレッジは、自分で設定するものですから、
「ハイリスク・ハイリターン」かどうかは、
自分の設定するレバレッジ次第ともいえるのです。

レバレッジ1倍の取引とは?

レバレッジを何倍に設定できるのかというのは、
FX会社によって異なりますが、
最初は不安であれば、
レバレッジを1倍に設定してみるのもよいかもしれません。

 

レバレッジ1倍ということは、
文字通り、元手と同額での取引となりますから、
リスクという意味では外貨預金と全く同じです。

 

というよりむしろ、
銀行の外貨預金の手数料の高さを考えますと、
その分お得かもしれません。

 

実際に、リスクをあまり取りたくないという投資家は、
銀行代わりにFXで
外貨預金を長期保有しているようです。

 

スポンサーリンク