会社員がトレードするのに最適な時間帯は?/為替市場は深夜に活発になる?

会社員がトレードするのに最適な時間帯は?@

為替市場というのは、24時間動き続けており、
特に、日本では夜にあたる時間帯が、
欧米市場では
最も活発に動くタイミングになっています。

 

これは、日中トレードに参加できない会社員にとっては、
ぴったりな環境といえます。

会社員がトレードするのに最適な時間帯は?A

特にNY市場が動き出すのは、
日本時間の午後9時頃(冬時間は10時頃)ですので、
会社から帰ってきてから、

 

自分のパソコンで
ダイナミックな為替の動きに接することが可能です。

 

また、米ドルがらみのレートが急変するのは、
この時間帯であることが多いので、
超短期で利益を狙いにいく戦略も有効になります。

 

スポンサーリンク

会社員でない人の場合は?

もちろん、職種によって
家にいられる時間帯は異なってくると思いますが、

 

それでも午前中でしたら
東京市場が大きく動いてくれますし、
夕方があいている人の場合でしたら、
ちょうどロンドン市場が活発化している頃です。

 

なお、超短期でデイトレードをしたい人の場合でしたら、
自分の生活サイクルに合わせて、
特定の市場を狙い撃ちにするのも面白いかもしれません。

 

こうしたことがFXの面白さであり、醍醐味でもあるのです。

為替市場は深夜に動く

為替市場は、
日本時間の深夜に動きやすいです。

 

これは、ニューヨーク市場が始まる
夜9時頃から活発に動くためで、

 

この時間帯でしたら、
日中レートをチェックできなくても
利益を狙いやすいです。

 

また、ロンドン市場が開いている深夜2時頃までは、
特に盛況を見せていますので、
1日のうち、一定の時間帯だけに的を絞った
短期トレードも有効な戦略といえます。

世界の主要市場が開いている時間は?

次のように、24時間のうち、
ほとんどの時間帯で世界の主要市場が開いていますので、
どのような生活サイクルでもFXは参加可能です。

 

<朝>
■東京市場 ⇒ 朝8時前後〜

 

<夕方>
■欧州市場 ⇒ 夕方4時前後〜

 

<夜>
■ニューヨーク市場 ⇒ 夜9時前後〜

 

よって、、自分の自由のきく時間帯に合わせて、
自分にとって主戦場となる取引市場を持つことができます。

 

スポンサーリンク