分散投資になる通貨ペアの選択/FXにユーロ/ドルが必要な理由は?

対円の通貨ペアではリスク分散にならない@

FXを始めて間もない頃というのは、
米ドル/円やユーロ/円のみを
取引するケースが多いようです。

 

また、高金利であるということで、
豪ドル/円やNZドル/円なども人気が高いようです。

対円の通貨ペアではリスク分散にならないA

しかしながら、それらの通貨ペアですと、
諸外国の通貨は
対円で上昇下降を繰り返しているわけですから、

 

分散投資をしているつもりでも、
実は、日本国内の大きな要因の一つがレートを直撃し、
円の全面高や全面安といった状況になりかねません。

 

アメリカ国内の要因によって、
相場が大きく変動したとしても、
「米ドル/円」
のレート変動に、ある程度つられるようにして
「ユーロ/円」
も似たような動きを見せます。

 

よって、例えば、米ドル/円とユーロ/円の
2ペアでしか取引していない場合には、
リスクを分散しているとはいえないのです。

 

そこで、
ユーロ/ドルを取り入れることをお勧めします。

 

スポンサーリンク

ユーロ/ドルと取り入れるとどうなるのですか?

日本円ばかりの通貨ペアですと、
それぞれの値動きが連動しやすいですし、
日本円に左右されますので、

 

リスク分散の観点からみると、
あまり有効ではありません。

 

これに、日本円がからまない
ユーロ/ドルの通貨ペアを追加することで、
リスク分散を徹底することができるようになります。

 

なお、ユーロ/ドルは、
世界で最も取引量の多い通貨ペアですから、
売買するしないにかかわらず、
常にチェックしておく必要があります。

FXにユーロ/ドルが必要な理由は?

「ドル/円」「ユーロ/円」が方向性に乏しく、
今後の予想を立てにくい時期でも、
「ユーロ/ドル」では
はっきりとしたトレンドを描いている局面は多くあります。

 

日本国内にいますと、
ユーロが対ドルで上昇しようが下落しようが、
普段はあまり関心が向きません。

 

しかしながら、FXで儲けようと思ったら、
「ユーロ/ドル」
という通貨ペアのチェックは
絶対に欠かせないものといえます。

 

これは、「ユーロ/ドル」が、
世界の二大主要通貨間のレートであり、
最も取引量が多いからです。

 

よって、日本円と世界の通貨という組合せのみに
集中して勝負するという戦略でももちろんよいのですが、

 

売買するしないに関わらず、
「ユーロ/ドル」の動向については、
常にチェックするクセをつけるようにしたいところです。

 

意識してみていると、
そのうち「ユーロ/ドル」のレートが
対円に及ぼす影響の大きさにも気づくようになると思います。

 

ちなみに、「米ドル/円」「ユーロ/円」が動かない、
あるいは、はっきりしないという時であっても、

 

「ユーロ/ドル」という選択肢を取り入れていれば、
収益機会が格段に増えますので、
投資スタンスもおのずと変わってくると思われます。

 

スポンサーリンク