タイバーツは事実上のドル・ペッグ制/円高とタイの景気拡大

タイの通貨制度は?@

1997年のアジア通貨危機では、
アジア各国の通貨が
連鎖的に暴落する深刻な事態になりました。

 

このきっかけとなったのがタイバーツです。

 

もともとアジア諸国は、
通貨政策としてペッグ制※を採用していました。

タイの通貨制度は?A

このペッグ制には、次の2つの方法があります。

 

■1つの通貨に連動させる方法
■複数の通貨に連動させる通貨バスケット制

 

そして、通貨バスケット方式では、
米ドル、ユーロ、円といった主要通貨に対して、
それぞれ比率を決めて加重平均します。

 

例えば、
A国の通貨がバスケット方式を採用していて、
米ドル、ユーロ、円の比率を
60・30・10と設定した場合には、

 

A国通貨の変動の60%は
米ドルの影響を受けるということです。

 

タイではバスケット方式を採用していたのですが、
米ドルの比重が高かったことから、
実質的にはドルペッグ制だったのです。

 

つまり、タイバーツは、対米ドルで固定相場制、
それ以外の通貨に対しては、変動相場制だったのです。

 

※自国通貨の為替レートを主要国の通貨に
連動させる通貨政策のことです。

 

スポンサーリンク

ASEAN諸国の経済成長の原因は?

プラザ合意以降、円高が長期間続き、
1995年4月には1ドル70円台まで進行しました。

 

この持続的な円高を受けて、
日本企業は土地と安い労働賃金を求めて

 

タイやインドネシアなど
ASEAN(東南アジア諸国連合)諸国に
直接投資を行い、工場を建設しました。

 

これが、ASEAN諸国に
経済成長をもたらしたのです。

 

さらに、円高のおかげで
タイの輸出競争力は相対的に強くなり、
日本向け輸出が拡大しました。

 

スポンサーリンク