ルーブル合意はドル安修正宣言/ブラック・マンデーは株の大暴落

ルーブル合意ではどのような合意がなされたのですか?@

プラザ合意以降も、ドルは下がり続けました。

 

そこで、1987年2月のルーブル合意では、
これ以上のドル安は世界経済に悪影響が出るとして、
為替レートの調整に終止符を打つ
「ドル安修正宣言」が出されました。

ルーブル合意ではどのような合意がなされたのですか?A

このときの為替レートは1ドル150円、
プラザ合意に基づく各国の協調介入の総額は
180億ドルにも達していましたが、

 

このルーブル合意により、
ドル安の進行は、ひとまず歯止めがかかりました。

 

そして、今後の為替水準については、
レファレンス・レンジが協議されました。

 

スポンサーリンク

レファレンス・レンジとは?

レファレンス・レンジというのは、
一定のレベルから離れた場合に
協調介入を行うというものです。

 

このときは、
円相場で1ドル153.50円を中心レートとし、
この上下2.5%で初期介入し、

 

5%に達した場合は、
政策協議を開始するという内容でした。

ブラック・マンデーとはどのようなものですか?

ブラック・マンデーというのは、
ニューヨーク株式市場の暴落を発端に起こった
史上最大規模の世界的株価の暴落のことをいいます。

 

具体的には、1987年10月19日、
週明けのニューヨーク株式市場で
過去に例を見ない大暴落で始まりました。

 

これが世界の株式市場へと波及していったのです。

 

日本の東京株式市場も3,836円、
約15%も暴落して大混乱に陥りました。

ブラック・マンデーが起こった原因は?

ブラック・マンデーの原因は、
アメリカの双子の赤字が解消しないことにあったのですが、
潜在的には、
ドル安が導いたといっても過言ではありませんでした。

 

プラザ合意以降、ドル安に誘導するために
各国ともFF金利に合わせて
政策金利を引き下げていたのですが、

 

ドイツではインフレの兆候を抑えようと、
短期金利を高めに誘導し始めました。

 

この動きに対して、G7の協調体制は
そのうち崩れるだろうと読んでいた市場は敏感に反応し、
金利の先高感も強まって、
ブラック・マンデーの引き金になったのです。

 

スポンサーリンク