双子の赤字とブラザ合意

アメリカの双子の赤字とはどのようなものですか?@

1981年、レーガン大統領は、
国内経済立て直しのために
「強いアメリカ、強いドル」
を目指す、

 

いわゆるレーガノミックスと呼ばれる政策を掲げ、
大幅な減税を打ち出しました。

アメリカの双子の赤字とはどのようなものですか?A

これにより、当初、
景気は回復の兆しをみせたものの、
税収が伸び悩み、
財政赤字は解消しませんでした。

 

また、強いドルは、
電気製品や自動車などの輸出競争力を失わせ、
農産物の輸入を促進させました。

 

その結果、アメリカの貿易収支は
大幅な赤字となり、

 

財政収支と貿易収支の赤字は
双子の赤字と呼ばれ、
アメリカ経済にとって大きな問題となっていったのです。

 

スポンサーリンク

プラザ合意でどうなったのですか?

上記のことから、
強いドル政策は転換を余儀なくされ、

 

1985年9月22日には、
ニューヨークのプラザホテルで
5か国蔵相・中央銀行総裁会議(G5)が
極秘裏に開催されました。

 

ちなみに、この5か国とは、
アメリカ、イギリス、西ドイツ(現ドイツ)、フランス、日本です。

 

そして、ここで合意された先進国の政策協調は
プラザ合意と呼ばれ、
世界経済に新たな流れを作ったのです。

プラザ合意の内容は?

プラザ合意では、次のようなことが合意されました。

 

■為替レートは、経常収支の不均衡を是正するうえで役割を果たすべきである。
■為替レートは、各国のファンダメンタルズを反映すべきである。
■各国通貨は、ドルに対してある程度の上昇が望ましい。
■G5各国は、より緊密に協力する用意がある。

 

このプラザ合意は大きな効果があり、
翌日の為替市場はドル売り一色となりました。

 

円相場も、
1ドル240円から230円まで上昇しました。

その後のG5の開催は?

プラザ合意は、
ドル高是正のために、為替介入を含む
政策協調に合意したものでしたが、

 

同時に、この合意は
為替安定に、国際協調が
非常に有効であることを証明しました。

 

そのため、その後もG5は
半年に1度の割合で開催されることになりました。

 

ちなみに、1986年には、イタリアとカナダが参加し、
1997年にはロシアが参加したことから、
現在では、拡大してG8になっています。

 

なお、G8は、現在でも
世界経済・国際金融をリードするシステムとして
注目を集めています。

 

スポンサーリンク