サウジアラビア通貨庁(SAMA)、シャリア・アドバイザー、チャイナショックとは?

サウジアラビア通貨庁(SAMA)とは?

SAMAは、1952年に設立された、
サウジアラビアの中央銀行のことです。

 

なお、SAMAは、
政府系ファンドとしても知られていて、
以下のような役割も担っています。

サウジアラビア通貨庁(SAMA)の役割は?

SAMAは、次のような役割を担っています。

 

■物価・金利の安定
■外貨準備高の管理
■商業銀行の監督
■サウジアラビアリヤルを発行すること...など

シャリア・アドバイザーとは?

シャリア・アドバイザーというのは、
イスラム金融を利用して行われる
取引が厳格なシャリア(イスラム法)に則った内容となるように
指導する者のことをいいます。

 

シャリア・アドバイザーの役割は、
イスラム金融の拡大とともに
重要度を増しているといえます。

 

なお、近年は、
イスラム金融の拡大に伴い
シャリア・アドバイザーの不足が指摘されていて、
シャリア資格を与える大学院もできています。

 

スポンサーリンク

チャイナショックとは?

チャイナショックというのは、
中国(中華人民共和国)における出来事や
中国人の行動をきっかけとして起きた
事件や事故のことであり、

 

特に対外的に
重大な影響を与えるもののことをいいます。

 

このチャイナショックには、
中国製食品の中毒事件なども含まれます。

金融市場におけるチャイナショックとは?

金融市場において
チャイナショックといった場合には、

 

2007年2月に起きた
中国株の急落に端を発する
世界同時株安のことを指します。

 

このとき為替市場では、
ドルやクロス円が大幅に売られ、
株式市場では、
米国株や日本株なども大幅に売られました。

チャイナショックというのは、中国(中華人民共和国)における出来事や中国人の行動をきっかけとして起きた事件や事故のことであり、特に対外的に重大な影響を与えるもののことをいいます。

 

このチャイナショックには、中国製食品の中毒事件なども含まれます。

金融市場におけるチャイナショックとは?

金融市場においてチャイナショックといった場合には、2007年2月に起きた中国株の急落に端を発する世界同時株安のことを指します。

 

このとき為替市場では、ドルやクロス円が大幅に売られ、株式市場では、米国株や日本株なども大幅に売られました。

 

スポンサーリンク