コール市場は資金の過不足調整

コール市場とはどのような市場ですか?

コール市場という名称の由来が、
money at call(呼べばすぐに戻ってくる資金)
ということからもわかるように、

 

コール市場というのは、
短期的な手元資金の過不足を調整するために、
民間の金融機関同士が
貸し借りを行う代表的な市場をいいます。

なぜ、コール市場が存在するのですか?

金融機関では、
個人や企業からの預金によって
資金が流入する一方で、
企業等への貸付けにより資金が流出します。

 

さらに、債券や株式等の売買によっても
資金が出入りしています。

 

コール市場というのは、
このような日々の取引を通じて
大きな資金の過不足が生じうるため、
それを調整する目的で存在します。

 

よって、コール市場は、
各金融機関が機動的に運営するために
重要な役割を担っているといえます。

コール市場の種類は?

コール市場には、次のようなものがあります。

 

■有担保コール 
⇒ 借り手が貸し手に担保を預けるものです。
■無担保コール 
⇒ 借り手が貸し手に担保を預けないものです。

 

このうち、1営業日のみ取引を行う
「無担保コール翌日物」
が、市場残高の過半を占めています。

 

なお、この取引を行う際に用いられる金利が
「無担保コール翌日物金利」
であり、

 

日本銀行が金融政策を実施する際に
誘導目標としています。

 

スポンサーリンク