格付け、日経平均株価(日経225)、TOPIXとは?

格付けとはどのようなものですか?

格付けというのは、債券を発行している
事業会社や、金融機関、国、地方自治体の
債務の支払能力を評価し、
ランク付けしたものをいいます。

 

ちなみに、格付けは、
組織の健全性を判断する目安としても利用されています。

格付けはどこが行うのですか?

格付けは、格付け機関が行います。

 

世界的な格付け機関としては、次の2社が有名です。

 

■ムーディーズ 
■S&P(スタンダード&プアーズ)

 

また、わが国では、次のようなところがあります。

 

■格付投資情報センター 
■日本格付研究所...など

 

スポンサーリンク

格付けの評価は?

格付けの評価は、
「ABC」などのアルファベットや数字、
記号(+、−)などを併用して表現されます。

 

なお、格付けは、分析・評価した時期、
格付け機関によっても異なることがあります。

日経平均株価とはどのようなものですか?

日経平均株価(日経225)というのは、
東京証券取引所(東証)1部に上場されている企業の中の、
代表的な225社の株価平均のことをいいます。

 

なお、この225社については、
東証1部上場のおよそ1700銘柄の中から
日本経済新聞社が選定し、
原則として1年に1回見直されます。

 

スポンサーリンク

日経平均株価(日経225)の注目度は?

日経225は、
日本の株式市場の値動きや市場規模、
日本の経済力を全般的に示すものとして利用されており、

 

TOPIXと並んで、
重要な指標の1つとされています。

TOPIXとは?

TOPIX(東証株価指数)というのは、
東京証券取引所が発表している株価指数で、

 

東証第1部の時価総額※を、
基準日(1968年1月4日)の時価総額100として
指数化したものをいいます。

 

なお、TOPIXは、日経平均株価とならび、
日本の株式市場の動向を知る上で
注目されている指標の1つとなっています。

 

※算出時点での株価×発行済み株式数

 

スポンサーリンク