経済成長率とは?

要点整理

・経済成長率とは、国内総生産の前年比または四半期ごとの前年同期比の伸び率のことです。

 

・経済成長率はGDP成長率ともいいます。

経済成長率とは?

経済成長率というのは、一般的には、
国内総生産(GDP)の実質成長率(実質GDPの前期比伸び率)
のことをいいます。

 

要は、一国の経済が
どの程度成長しているのかをみるのですね。

 

四半期ベースの経済成長率を年率に換算したものが
「瞬間風速」などと呼ばれてよく使われます。

具体的には?

具体的には次のようなものです。

・前期の実質GDP=500兆円
・今期の実質GDP=510兆円

 

であるなら、実質成長率は、
(510兆円−500兆円)/500兆円×100=2%

実質成長率の実質とは?

実質成長率の実質というのは、
名目値が表面上の数値であるので、
そこから物価上昇分を差し引いて実績値に直したものです。

 

現在の実質GDPは、
1995年を基準にした物価上昇等を考慮した場合の実績値です。

 

スポンサーリンク