国内総生産(GDP)とは?

要点整理

・国内総生産(GDP)は1年間に国内で産み出された財・サービスの付加価値の総額のことです。

 

・付加価値には、三面等価の原則が成り立ちます。

 

・国内総生産(GDP)には名目値と実質値があります。

国内総生産(GDP)とは?

国内総生産(GDP:Gross Domestic Product)というのは、
1年間に国内の経済活動により生み出された
財・サービスの付加価値の総額のことです。

 

たとえば、
企業が1,000円の材料を使って1,500円の製品を作ったとすると、
1,500円−1,000円=500円が付加価値ということになります。

 

このような付加価値を合計したものがGDPと呼ばれるものです。

三面等価の原則とは?

三面等価の原則というのは、
「生産=支出=分配」という等式が成り立つことをいいます。

 

つまり、付加価値というのは、
必ず誰かが利用するか在庫になるのですよね。

 

なので、供給側からみた生産と需要側からみた支出は等しくなり、
また、分配される量とも等しくなるということです。

 

供給側からみた支出の総額は国内総支出(GDE)といいますが、
これは理論的にGDPと等しくなります。

国内総支出(GDE)とは?

国内総支出(GDE)は、
国内需要(内需)と財貨・サービスの純輸出(外需)に分けられます。

 

内需にはさらに民間需要と公的需要がありますが、
いわゆる個人消費といわれているものは、
この民間需要のなかの民間最終消費支出のことをいいます。

 

スポンサーリンク